DATA

本作は、フジテレビ系バラエティ番組『SMAP×SMAP 超スマスマ 秋の稲妻スペシャル!』(1996年9月30日放送分)のコント・コーナー『古畑拓三郎(ふるはたけたくさぶろう)』に三谷幸喜が特別に脚本を書きおろしたものである。


AVANT-TITLE

「昔のアニメには名作がたくさんありました。『フランダースの犬』、『銀河鉄道999』、それから『巨人の星』、それとそう、アルプスの処女、あ、すいません『アルプスの少女ハイジ』。そして忘れてはならないのが「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン」、そう、『ハクション大魔王』です。ハクションと言えば…」


シナリオライズ 『バイオリニスト殺人事件』

コンサート会場入口

世界的に高名なコンダクター・稲垣、コンサート会場に到着する。
稲垣、手に大きなバッグを抱えている。
青年、ファンの人垣から稲垣に声をかけ、握手を求める。
稲垣、彼の手を無視し会場内へ消えていく。

稲垣の控え室

くつろぐ稲垣。
稲垣の指揮するスマスマフィルハーモニーのヴァイオリニスト・中居が訪れる。
中居
「いい加減、腹をくくれ」
稲垣
「やめるつもりはない」
中居
「いつまでも過去の栄光にしがみついて、どうするんだ。はっきり言わしてもらう。おまえは、指揮者としてもう終わりだ。タクトを振るべきじゃない」
稲垣、その言葉に目を閉じる。

会場の外

青年、窓から会場内に忍び込もうとしている。
警備員
「おい、そこで何をやっている!」
青年、その場を逃げ去る。

稲垣の控え室

稲垣と中居の話し合いは物別れに終わる。
中居、部屋を出て行く。
稲垣、手袋をはめ、持参した鞄の中から一枚の色紙、そして封筒を取り出し、テーブルの上に置く。

ロビー

古畑拓三郎(ふるはたけ・たくさぶろう)と草泉慎太郎(くさいずみ・しんたろう)が受付でもめている。
受付嬢
「ですから、今日はスマスマフィルハーモニーのコンサートが、六時から行われることになってます」
拓三郎
「今日は北島三郎ショーじゃ無いの?チケットだってちゃんと持ってきてるんだよ」

稲垣の控え室

ノックの音。
稲垣、ドアを開ける。
先程の青年が立っている。
稲垣
「やあ、入って」
稲垣、青年を中に招く。
青年、嬉しそうに控え室に入る。
稲垣
「どうぞ」
稲垣、青年にコーヒーを勧める。
稲垣
「確か、前に僕のマンションに忍び込んだのも君だったよね。あの時は大騒ぎになって」
稲垣、手袋をしたままテーブルの上の色紙を取り上げる。
色紙の上に乗せてあった封筒が床に落ちる。
青年、それを拾い上げ稲垣に渡す。
稲垣
「ありがとう」
稲垣、ペンを手に取り色紙にサインをして青年にプレゼントする。
青年、一瞬躊躇いながらも嬉しそうにそれを受け取る。
稲垣
「これもあげよう。貰い物だけど」
稲垣、キャビネットに飾ってあるモアイ像を青年に差し出す。
青年、嬉しそうにそれを受け取り、頬擦りする。
稲垣
「ちょっと待てよ。そいつは駄目だ。妹にあげるって約束したんだ。申し訳ない」
稲垣、青年からモアイ像を取り上げる。
青年、悲しげな表情。
稲垣
「じゃあね、替わりにこれを上げよう」
稲垣、スーツのポケットからペンを取り出す。
稲垣
「エッチボールペンと言ってね、こうすると、女の人が裸になるんだ」
青年、嬉しそうにペンを何度もひっくり返して遊ぶ。
稲垣
「じゃあ、コンサートが始まるまで、しばらくここにいなさい。自分の部屋だと思って自由に使っていいから」
稲垣、モアイ像を持ったまま部屋を出る。

開演前のステージ

中居、誰もいないステージに物憂げな表情で佇んでいる。
稲垣、中居のそばにやって来る。
稲垣
「決心ついたよ」
中居、稲垣の言葉に肯く。
中居
「つらい決断かも知れないが、 長い目で見れば、絶対に悪いことじゃない」
稲垣
「残念だよ、君のヴァイオリンは最高だった」
稲垣、手に持っていたモアイ像を振り上げる。
中居
「マエストロ…」
稲垣、モアイ像を振り下ろす。倒れる中居。
稲垣、モアイ像で自らの左側頭部を一発殴る。
リハーサルに来た楽団員、血まみれの稲垣を発見する。
楽団員
「マエストロ!」
稲垣
「警察を…」

稲垣の控え室

青年、まだエッチボールペンに夢中になっている。
パトカーのサイレンが鳴り響く。
青年、慌てて控え室から飛び出す。

ステージの上

拓三郎達、現場検証をしている
草泉
「被害者は、二人とも頭を殴られてます。一人はかなり何度もやられて、こっちは既に死亡していました」
拓三郎、ピアノを指一本で弾きながら草泉の話を聞いている。
拓三郎
「凶器は?」
草泉
「現場に落ちていたモアイ像です。おい斉藤」
斉藤
「はい」
拓三郎、眉をひそめる。
草泉
「何か」
拓三郎
「いや犯人ね、どうやってこんなもの持ち込んだんだろう」
草泉
「いえ、これは鑑識の斉藤さんです。凶器はこっち」
拓三郎
「早く言わないと駄目だよ」
拓三郎、草泉を叩く。
草泉
「じゃあこれ、指紋をお願いします」
指紋係、斉藤の顔に粉を吹きつける。
草泉
「この人は違う、斉藤さんだ。こっちだよ、こっち」
斉藤
「同じ職場だろ」

稲垣の控え室

稲垣、タオルで頭を冷やしている。
拓三郎
「失礼します」
拓三郎、稲垣の鞄にけつまづく。
拓三郎
「あぶないんで少しよけておきます。あ、重いですね」
拓三郎、稲垣の鞄を持ち上げ、部屋の隅に置く。
拓三郎
「いつもテレビで拝見してます、音楽番組で」
稲垣
「どうも」
拓三郎
「先生の楽団のCDも何枚か持ってます。まさに国際的な人気です」
稲垣
「僕の音楽に国境はないですからね」
拓三郎
「素晴らしい言葉です。ところで先生、楽団に恨みを持っている人間に心当たりございませんか」
稲垣
「そうだ。これを見て下さい」
稲垣、一通の封筒を取り出す。
新聞から切り抜いた文字で「必ず殺すファンより」と綴られている。
稲垣
「いるんですよ。熱烈な信者が」
拓三郎
「お会いになったんですか」
稲垣
「前に、楽屋の前で待ち伏せをされて」
拓三郎
「お話しをされたんですか」
稲垣
「ええ。自分の誕生日に演奏会を開いてくれって、それで断わったんです。そうしたらその日から脅迫が始まって。顔を覚えています。描きましょう」
稲垣、草泉から紙と鉛筆を貸り、青年の似顔絵を描く。
拓三郎
「先生は中居さんとあんな所で何のお話をなさっていたんですか」
稲垣
「実はですね、彼は最近自信をなくしていたんですよ、自分の演奏に。彼は楽団の創立メンバーでね、親友でした」
斉藤、控え室に入ってくる。
斉藤
「指紋取り終わりました」
拓三郎
「どうだった」
斉藤
「バッチリ付いていました。恐らく犯人のものでしょう」
稲垣
「凶器が見つかったんですか」
拓三郎
「ええ、犯人はモアイを使ったと思われます」
稲垣、立ち上がり、斉藤が持っている小さなモアイ像を手に取る。
稲垣
「僕もこれで殴られたのか…」
稲垣、まじまじとモアイ像を見つめる。
拓三郎と斉藤、稲垣の様子を見て顔を見合わせる。

会場の一室

稲垣が描いた似顔絵がもとで捕まった青年が尋問を受けている。
草泉
「脅迫状にはお前の指紋が付いていた。凶器のモアイ像にもお前の指紋が付いていた。お前が犯人だ」
青年、草泉の詰問に一言も喋ろうとしない。
拓三郎
「もういいよ」
ラーメン屋の出前持ちがやってくる。
出前持ち
「お待たせしました」
拓三郎
「ああ、どうも」
拓三郎、早速食べ始める。
青年、それを興味深そうに眺める。
拓三郎
「欲しいの?」
青年、何も言わない。
拓三郎
「“ちょうだい”、言ってごらん」
青年、何も言わない。
草泉、物欲しそうに見ている。
拓三郎、草泉にコショウをふりかける。
草泉
「何するんですか」
草泉、我慢できずにくしゃみをする。
草泉
「はっくしょい!」
青年、それにつられるようにくしゃみをする。
青年
「あーしっす!!」
拓三郎
「はい?」
拓三郎、それを聞いて何か閃く。

暗転

拓三郎
「えー、これで事件は解決です。犯人はこの青年ではありません。真犯人はコンダクターの稲垣さんです。今回のポイントは、モアイ像と、これ」
拓三郎、コショウを手に取る。
拓三郎
「古畑拓三郎でした」

ステージ

拓三郎、一人ステージの上に立っている。
稲垣、ステージにやってくる。
拓三郎
「実は、新しい事実が判明しまして。ぜひ、先生のご意見を」
稲垣
「早めに終わらせてくれよ」
拓三郎、コンサートのパンフレットを取り出す。
プログラム曲目はすべてワルツである。
拓三郎
「曲は先生がお決めにと聞きましたが、どうしてワルツにそんなにこだわるんですか」
稲垣
「それはな、ワルツが好きだからだよ」
拓三郎
「なるほど。ところで先生、中居さん殺害の鑑識結果が出ました。中居さんは頭部を弱い力で何度も殴られて殺されていました。つまりですね、犯人は女性か力の弱い男、もしくは右利きの人間が左手で殴ったという事が考えられます。そこでピンと来たんです」
拓三郎
「ここで話を戻します。先生はなぜワルツしかお選びにならないのか。先生、最近腕があがらなくなってるんじゃないですか。三拍子ならタクトは肩のあたりまでしか上げなくて済みます。しかし、四拍子の曲だとそうはいかない。だからあなたは最近のコンサートではワルツばかり振っていたんです。しかし、その秘密を嗅ぎ付けた人物が一人だけいた。そう、中居さんです」
稲垣
「何を根拠にそんな馬鹿な話を」
拓三郎
「そう、今の話はすべて私の想像です。しかし先生、それがデタラメかどうか確かめる方法が一つだけあるのをご存じですか」
拓三郎、タクトを稲垣に差し出す。
拓三郎
「先生、よろしければ、ここでトルコ行進曲を指揮して貰えませんでしょうか」
稲垣、ピアノの椅子に座る。
稲垣
「仮に僕の腕が思うように上がらなかったとしよう。しかし、なぜそれを僕は秘密にしなければいけないんです。それが殺人を犯してまで守らなければならない秘密なのか」
拓三郎
「問題はですね、腕が上がらなくなった理由です」
拓三郎、草泉を呼ぶ。
草泉、稲垣の鞄を持って舞台の袖から出てくる。
拓三郎
「先生、腱鞘炎らしいですね。ここに病院の診断書があります」
拓三郎、内ポケットから稲垣の診断書を取り出す。
拓三郎
「そして腱鞘炎になった理由がこれです」
拓三郎、鞄を開ける。
拓三郎
「先生の楽屋でこれを持ち上げた時にピンと来たんです」
拓三郎、鞄の中からボウリングのマイボールを取り出す。
拓三郎
「世界的なコンダクターが、ボウリングのやり過ぎで、タクトが振れなくなった。こんなことが世間に知れたら、ファンは皆、そっぽを向きます」
稲垣
「だからなんだ。それで、僕が殺したことになるのか。それだけ言うなら証拠を見せてみろ、証拠を」
拓三郎
「分かりました、お見せしましょう。草泉君」
草泉、青年を連れてくる。
稲垣
「こいつだ、こいつが犯人だ」
拓三郎
「はい、確かに凶器のモアイからも脅迫状からも、彼の指紋が発見されました」
稲垣
「だったら間違いない」
拓三郎
「いや、それは無理です。彼にそんな事出来ません」
稲垣
「何故だ」
拓三郎
「実は彼、日本語が全然分からないんです」
稲垣、言葉に詰まる。
拓三郎
「改めてご紹介しましょう。ペルーからお越しのシェサール・エルネスト・ロハス・ガルベス君です」
ガルベス、稲垣に微笑む。
拓三郎
「実はですね、彼、先生のコンサートを聴きに、わざわざ地球の裏側からおこしになったそうです。最初は私も彼が何も喋らないので困っていました。しかし、彼のくしゃみを聞いてやっと分かりました。“あーしっす”。これはスペイン語圏の人がするくしゃみです。ガルベス君は日本語が全く出来ません。当然、話す事も出来ないし、書く事も不可能です。ましてや脅迫状など彼に書ける訳がない」
稲垣
「人に書いてもらったかもしれないじゃないか」
拓三郎
「まだお分かりではないようですね。問題はそんなことじゃないんです。先生、仰いましたよね、彼と話したと。楽屋の前で待ち伏せをされて、誕生日に演奏会を開いてくれって。しかし、彼は日本語が全く出来ないんですよ。先生、スペイン語がお出来になるんですか」
稲垣、がっくりと肩を落す。
稲垣
「いつから僕を疑っていた」
拓三郎
「あなたが凶器のモアイ像を手に取った時です」
稲垣
「何かミスを?」
拓三郎
「はい。斉藤さん!」
斉藤
「はい」
拓三郎
「凶器がモアイと聞けば誰でも最初は大きなモアイ、いや斉藤さんの方だと思います。私も鑑識もみんな、斉藤さんがモアイだと思いました。しかし先生だけが最初から小さなモアイ像を手に取りました。それができるのは犯人だけです」
斉藤、複雑な表情。
ガルベス、稲垣に歩み寄る。
ガルベス
「Tu musica es excelente.」
拓三郎
「あなたの音楽は最高だと言っています」
稲垣、ガルベスと握手を交わす。
拓三郎
「先生のおっしゃる通りでした。先生の音楽に国境はありません」
稲垣
「…」
拓三郎
「結局、それが仇になりました」
稲垣、拓三郎の言葉を聞き、静かに微笑む。

COLUMN

  1. 本コントの最後に、今泉慎太郎を演じている西村雅彦本人がサプライズ・ゲストとして登場し、草泉慎太郎役の草g剛を驚かせた。 拓三郎2 拓三郎1

CAST

木村拓哉
古畑拓三郎役
草g剛
草泉慎太郎役
稲垣吾郎
コンダクター役
中居正広
ヴァイオリニスト役
香取慎吾
ガルベス役
斉藤洋介
鑑識員・斉藤役
横山めぐみ
受付嬢役
ココリコ
警備員役
ふかわりょう
出前持ち役
あさりど
楽団員役
西村雅彦
サプライズ・ゲスト