DATA

  • プロデュース/関口静夫
  • 企画/石原隆
  • 演出/河野圭太
  • 脚本/三谷幸喜
  • 音楽/本間勇輔
  • MINUTES/95mins
  • ON AIR/2008/06/14

AVANT-TITLE

「ご無沙汰しております。皆さん、お元気でしたか。私は元気です。さて、誰にでも少年時代がありました。もちろん、私にもありました。そして、誰にでも多感な時期、影響を受けた人物がいるものです。もちろん、私にも。今のこの私があるのも、その人との出会いがあったればこそです。今でも目を瞑ると、瞼の裏にその人の顔が浮かんできます。瞑ってみましょう…」


STORY

中学3年生の古畑任三郎(山田涼介)は田舎の中学校に転入。クラスになじもうとせず、推理小説ばかり読んでいる古畑は浮いた存在だったが、教頭の森脇(浅野和之)に花壇を荒らした疑いを掛けられた音吉(タモト清嵐)を見事な推理で救い、一躍有名になる。音吉の薦めで村はずれの小屋に探偵事務所を開いた古畑のもとに、科学教師の野々山(原田泰造)から、村に伝わる埋蔵金伝説の隠し場所を記した文書が持ち込まれた。古畑は暗号の解読に取り組むが…。


EXPLANATION

『古畑中学生』は、今まで描かれる事のなかった古畑のルーツにスポットをあて、古畑の人格を形成した少年時代の話を描いた作品である。

「古畑の少年時代を描く」という構想は以前からあったようであるが、それが実現した背景には、脚本・三谷幸喜の第4回監督作にあたる映画『ザ・マジックアワー』の公開があった。このため、本作には、浅野和之・甲本雅裕といった『ザ・マジックアワー』にも出演している俳優がクレジットされ、『ザ・マジックアワー』公式ブログで三谷自ら告知した「映画を観た人にはより楽しめる、ちょっとした仕掛け」が施されている。

また、『ザ・マジックアワー』の製作にはフジテレビも名を連ねており、この時期、映画事業が芳しくなかったフジとしては、なんとしても『ザ・マジックアワー』を成功させなければならないお家事情もあった。「フジ+三谷」となれば、人気コンテンツである『古畑任三郎』が俎上にあがるのは必然であった。これが田村正和主演の新作ではなく、山田涼介主演の『古畑中学生』になったのは、ファイナルシーズンでシリーズとしては一応のピリオドが打たれているためだろう。

田村正和ではない古畑任三郎の誕生という、それだけでもファンに衝撃を与えるに十分なそのプロットは、『刑事コロンボ』をベースにした倒叙ミステリではなく、ホームズ作品をベースにした推理活劇物であり、さらにそこに古畑のプライベートや母親まで登場させるという、シリーズのルールを破る趣向も加わり、多くのファンは驚きと不安をもって本作を迎えたに違いない。なぜなら、これは長年をかけて培われてきた『古畑任三郎』というシリーズの世界観を破壊しかねない危険性を孕むものだからである。

シリーズの一本として数えるにはいささか抵抗のある本作ではあるが、それらを外してジュブナイルとして見るならば、これはまずまずの良作と言ってよいだろう。

手作りの探偵事務所・夜の学校・暗号と宝捜しなどのモチーフは、少年であればわくわくするようなものばかりであり、謎解きの難易度も小中学生向きの程よいレベルに仕上っている。そして、『バスカヴィル家の犬』『赤毛連盟』『マスグレーヴ家の儀式書』『美しき自転車乗り』といったホームズ作品を想起させる事件を要所に配置したうえで、クライマックスでそれらのエピソードを伏線として収束させるプロットもよく出来ている。

殺人事件が起こらないのもジュブナイルらしい配慮といえる。ミステリ部分以外を見ても、友情・冒険・ほのかな初恋・そして出会いと別れといったジュブナイル的な要素がひととおり盛り込まれており、少年の成長のドラマとしても楽しめる仕上りになっている。

なお、見どころである「古畑のルーツ」については、この種の作品にありがちな、小ネタのリンクに凝るあまり本筋が疎かになるといったこともなく、『古畑任三郎』の世界観を壊さない程度に抑えてあり、長年のファンにも許せる内容になっている。但し、古畑と向島が同級生だったというのは、ぎりぎりセーフの範囲とはいえ、かなり強引な設定ではあった。


COLUMN

  1. 本作のタイトルは、本放送時にベストセラーになっていた、漫才コンビ「麒麟」の田村裕の自伝的小説『ホームレス中学生』のもじりである。
  2. (注:以下はネタバレを含みます)本作に施された「映画を観た人にはより楽しめる、ちょっとした仕掛け」とは、「浅野和之が〈キーパーソン〉になる」ということであろう。また、本作では、古畑と音吉を殺害することに決めるシーンで蒲郡(甲本雅裕)が役場裏の工事現場のコンクリートに埋めてしまえば、と提案するシーンがある。映画『ザ・マジックアワー』で、天塩(西田敏行)が村田(佐藤浩市)らを港に沈めるためにコンクリートで足を固めるシーンの見張り役をしているのが甲本雅裕扮する太田垣であることを知っている人ならば、ここはニヤリとしてしまうに違いない。

CAST&STAFF

山田涼介(やまだ・りょうすけ)
山田涼介 古畑任三郎(中学生時代)役。1993年生まれ。東京都出身。歌手・俳優。2004年にジャニーズ事務所に入り、ジャニーズJr.としての活動を開始。2007年にアイドルグループ「Hey! Say! JUMP」のメンバーになり『Ultra Music Power』でCDデビュー。俳優としては『探偵学園Q』(2007)、『1ポンドの福音』(2008)などに出演。本作でドラマ初主演を果たす。
原田泰造(はらだ・たいぞう)
野々山役。1970年生まれ。タレント。1993年、堀内健・名倉潤とともに「ネプチューン」を結成。ドラマ『編集王』(2000)、映画『ジャンプ』(2004)など俳優としても活動している。
浅野和之
森脇教頭役。2005年に再演された三谷幸喜作・演出の舞台『12人の優しい日本人』で陪審員1号役を演じる。2008年に三谷幸喜監督作品『ザ・マジックアワー』に出演。
タモト清嵐(たもと・そらん)
向島音吉(中学生時代)役。1991年生まれ。俳優。1998年から子役として活動を始め、2000年にドラマ『葵 徳川三代』の水戸光圀幼少期役で映像デビュー。ドラマ『ハルとナツ』(2005)、映画『バルトの学園』(2006)などにも出演。
福田麻由子(ふくだ・まゆこ)
戸部明日香役。1994年生まれ。女優。4歳の頃よりCM・ドラマなどで活躍。2005年、ドラマ『女王の教室』の進藤ひかる役で注目を浴びる。その後もドラマ『白夜行』(2006)、映画『日本沈没』(2006)、『L change the WorLd』(2008)など多数の作品に出演。
甲本雅裕(こうもと・まさひろ)
村役場助役・蒲郡役。1965年生まれ。俳優。1989年に劇団「東京サンシャインボーイズ」に入団。2008年には三谷監督作品『ザ・マジックアワー』に出演している。
石田太郎
和尚(明日香の祖父)役。
小林隆
向島音吉役。
温水洋一(ぬくみず・よういち)
小野田役。1964年生まれ。俳優。劇団「大人計画」を経てテレビ・舞台などで活躍。三谷作品にはドラマ『合い言葉は勇気』(2000)、舞台『彦馬がゆく』(2002)、『オケピ!』(2003)などに参加。舞台『12人の優しい日本人』(2005・再演)では陪審員7号役を演じた。
石田ゆり子(いしだ・ゆりこ)
古畑の母親役。1969年生まれ。女優。1987年、全日空沖縄キャンペーンガールに選ばれ芸能界入り。2005年に舞台『12人の優しい日本人』(再演)で陪審員5号役を演じた。