DATA

  • プロデュース/関口静夫
  • 企画/石原隆
  • 演出/河野圭太
  • 脚本/三谷幸喜
  • 音楽/本間勇輔
  • MINUTES/90mins
  • ON AIR/2006/01/04

AVANT-TITLE

「今回の犯人は、常にフェアプレイを好むスポーツマンです。人を殺したという以外は、実に公明正大な人物です。 そして、アメリカ大リーグで活躍する、ある日本人野球選手と全く同じ名前で、顔もそっくりです。しかし、別人です。お間違えのないように」


STORY

ホテルの警備員に転職した向島(小林隆)は、フリーライター・郡山繁(今井朋彦)に強請られていた。郡山を殺して自殺しようとする向島の計画を知った腹違いの弟・イチロー(イチロー)は、兄に代わって郡山の殺害を決意。地下駐車場に誘き出した郡山に片方だけ毒薬を仕込んだ2つのカプセルから1つを選ばせると口に含ませ、残りを自分の口に含んだ― 次なる戦いにフェアプレイで挑むべく、イチローは助手席のシートに自分の部屋のマッチを残して立ち去った。


EXPLANATION

ファイナル第2作を飾る『フェアな殺人者』は、メジャーリーガー・イチローをゲストスターに迎えた、Episode26『古畑任三郎 vs SMAP』以来の「そのままキャスティング」第2弾であり、ひとことで言えば良くも悪くも「イチローありき」の作品である。

本作のオファーを受けるにあたりイチローが提示した要望は、「フェアであること」「嘘をつかないこと」「直接的な殺害方法をとらないこと」であったという。その点において、「フェアな殺人」をトリックなしの〈自身の命を懸けたゲーム〉にするというアイデアは素晴らしいものであった。シートの上に残したマッチという「挑戦状」も、この先の展開を期待させる。タバコの吸殻・ガス切れのライター・シートの下の駐車券などの手がかりも上質なものであり、加湿器へと繋がってゆく推理の流れも手際良く描かれている。

しかし、本作はここから急激に失速してしまう。本作はまるで、どこまでがセーフでどこからがアウトなのかわからないスポーツを見ているかのようで、肝心の「フェアプレイ」すなわち〈犯人側のルール〉がぼやけたものになった。もうひとつの「嘘をつかない」という〈犯人側のルール〉も、特に物語をおもしろくする機能を果たしているわけでもない。

また、この2つの〈ルール〉によってストーリー展開がまわりくどくなり、対決感も低いものになった。「フェアプレイ」ゆえイチローは偽装工作ができず、さらに、最初から「嘘をつかない」ということを前面に出してしまっているので、今回の古畑は解決編までイチローと対決できない(!)のである(その点において本作と『笑わない女』は決定的に異なる)。これは、イチローの芝居の負担を減らす配慮もあったのだろうが、90分ものにしてはずいぶん間延びした印象である。

ドラマとしても、保身や欲得でなく「兄を守るため」という動機が向島のドラマ部分とうまく整合性がとれておらず、どうにも共感しづらいものになった。ラストにおける古畑の〈判断〉もどこかすっきりとしない後味を残す。さらに、アヴァン・タイトルをはじめとして、事あるごとにイチローをフォローするセリフが出てくる。これではフィクションとしてドラマを楽しむこともできない。このあたりは、「イチローを悪く描かない」ということを何よりも優先した結果だろう。

さて、本作の目玉であるイチローの演技に関しては、ドラマ初出演とは思えないほどの健闘ぶりではあったが、古畑と犯人の「演技合戦」としては、やはり物足りなさを感じさせるのは否めない。

倒叙ミステリとしてもシリーズの1作としても残念な出来となってしまった本作ではあるが、いわば本作は劇中の「イチロー祭り」のようなものであり、細かいことは拘らず制作スタッフと一緒に「イチローのキャスティング」にノッてしまうのが、本作の“正しい見方”なのかもしれない。

『フェアな殺人者』は、企画・石原隆が公式サイトで述べた「見どころはイチロー選手」という言葉が表す通り、「イチローなかなかやるじゃない」とおとそ気分でかくし芸大会を見るように楽しむ、シリーズのボーナス・トラック的な作品だと言えるだろう。


COLUMN

  1. 向島が「イチローの腹違いの兄」という設定なのは、“殺人者・イチロー”はフィクションであるということを強調するためである。「腹違いの兄弟」という設定は、三谷がフィクションを強調する時によく使った設定であり、かつて『月刊カドカワ』に「僕とCHAGE&ASKAの関係」という“擬似ライブレポート”を掲載した時にも「自分はASKAの腹違いの弟」というネタを使っていた。
  2. 本作で用いられる「フェアな殺人」は、アーサー・コナン・ドイル著『緋色の研究』からの引用である。
  3. (注:以下はネタバレを含みます)本作の〈逆トリック〉は、『刑事コロンボ』の『愛情の計算』と『逆転の構図』からのそれぞれ引用である。なお、『愛情の計算』での逆トリックは、エラリー・クイーンの『ダブル・ダブル』から引用されている。

GUEST STAR

イチロー(いちろー)
イチロー イチロー役。1973年愛知県生まれ。野球選手。1992年、オリックスブルーウェーブに入団。1994年、登録名を本名の「鈴木一朗」から「イチロー」へ変更。2000年、米メジャーリーグ・シアトルマリナーズへ移籍。2001年、アメリカンリーグ首位打者・盗塁王・新人王・日本人初のMVPを獲得。2005年、WBC日本代表に選出。2001年にドキュメンタリー映画『走れ!イチロー』に出演している。

CAST&STAFF

小林隆(こばやし・たかし)
向島音吉役。1959年生まれ。俳優。東京サンシャインボーイズの一員として数々の舞台に出演。本シリーズには第1シーズンから準レギュラーとして出演している。他のテレビドラマ出演作品には『竜馬におまかせ!』(1996)、『総理と呼ばないで』(1997)などがある。
今井朋彦(いまい・ともひこ)
郡山繁役。1967年生まれ。俳優。1987年に文学座研究所に入所、1992年に座員となる。三谷作品は本作の他に、ドラマ『HR』(2002)、『新撰組!』(2004)などに出演している。