DATA

  • プロデュース/関口静夫
  • 企画/石原隆
  • 演出/佐藤祐市
  • 脚本/三谷幸喜
  • 音楽/本間勇輔
  • MINUTES/46mins
  • ON AIR/1999/05/18

AVANT-TITLE

「子供の頃、何が怖かったかと言えば、薄暗い小学校の音楽室に飾ってあった作曲家の顔。あんな怖い物ありませんでした。バッハ、シューベルト、メンデルスゾーン、そしてベートーベン。中でも一番怖かったのは、ヘンデル。未だに音楽が苦手なのはあの肖像画のせいかもしれませんね。今の小学校にも飾ってあるんでしょうか?もしあったら先生、すぐにはずして下さい」


STORY

絶対音感を持つ指揮者 ・黒井川尚(市村正親)は、別れ話のもつれから愛人のビオラ奏者・滝川ルミ(街田しおん)を灰皿で撲殺、階段からの転落死に偽装する。その夜の演奏会で黒井川は、驚異的な耳によりクラリネット奏者・石森(橋本さとし)が自分と同じ指を怪我していることに気づく。黒井川のそれは滝川の部屋のワインオープナーでつけた傷だった。石森が滝川の新しい恋人と確信した黒井川は、古畑の追及が自分に向くと石森に罪を擦り付けようとする。


EXPLANATION

『絶対音感殺人事件』は、「第1シーズンへの回帰」を目指した第3シーズンらしいスタンダードなスタイルの作品である。しかし、本作は、ミステリとしての出来不出来以前に脚本の磨き上げ不足を感じさせる作品となった。

まず、「絶対音感」という魅力的な素材がありながら、それが犯行にも解決にも一切関係せず、「なぜ熱帯魚は死ななければならなかったのか」という〈問題〉としてだけで終わってしまうのがあまりにももったいない。

第2に、コートのポケットと鍵・ビオラの代役・クラリネットなどの手数は弱すぎるうえに少なすぎ、結果、「古畑の思い出せない曲」「今泉の音楽薀蓄」「防音室」などの(それ自体はおもしろい)ギャグシーンが、どこか引き延ばしのようなくどさを感じさせる瞬間がある。

さらに、古畑が黒井川にアリバイを確認しなかったり、黒井川が石森に罪をなすりつける件りの安直さなど、粗い箇所が随所に見受けられる。

最後に、クライマックスも、伏線の曖昧さや手がかりの提示不足をフォローするかのようなあわただしさの中、すっきりとしないうちに犯人が罪を認めてしまう印象である。肝心の〈詰め手〉も、単に犯人が犯行現場に行ったことがあるのを証明したにすぎず、しかも、犯行日時をフィックスさせる〈石森の証言〉や〈新たな手がかり〉がここにきて次々と唐突に出てくるのは、アンフェアという以前に構成の未整理さを感じさせる。そもそも、「黒井川の指の怪我は犯行現場のワインオープナー以外では起こりえない」という限定をしていないので、古畑の証明は意味をなしていないのである。

私見だが、これらの遠因には、Episode29『その男、多忙につき』に登場した「絶対音感を利用して殺人を犯す男の話」があるのではないだろうか。時系列はさておき、本作はもともとそうした着想から企画されたものの、実際に書いてみるとなかなか思い通りにいかず、結局、磨き上げ不足のまま「絶対音感があることで古畑に目星をつけられる」という無難なところに落ちついたように思われるのだ。

そう考えれば、『その男、多忙につき』で古畑が語った事件の内容が本作のプロットと異なっているのはなぜかという長年の疑問も氷解する。もしかしたら、本作のややくどすぎるギャグシーンの数々も、もともとの想定よりスケールダウンしたことにより生じたミステリ的な弱さをカバーするために盛り込まれたものだったのかも知れない。

そんな本作に魅力を与えているのは、市村正親のゲストスター起用であろう。当時、市村は既に舞台俳優として有名であったが、テレビシリーズへのゲスト出演は稀なことであった。本作がスタイリッシュな『古畑任三郎』となったのは、市村正親の演技に負うところが大きいと言っても過言ではないだろう。


COLUMN

  1. 放送当時、最相葉月著『絶対音感』(新潮社)がベストセラーとなっていた。
  2. 本作で使用された主な楽曲は以下の通り。
    • 『亡き王女のためのパヴァーヌ』/作曲:モーリス・ラヴェル
    • 『クープランの墓』/作曲:モーリス・ラヴェル
    • 『バガテル』イ短調.WoO.59「エリーゼのために」/作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    • 『ボレロ』/作曲:モーリス・ラヴェル
    • 『エチュード』ホ長調作品10の3「別れの曲」/作曲:フレデリック・ショパン
    • 『パガニーニによる大練習曲』第3番嬰ト短調「ラ・カンパネラ」/作曲:フランツ・リスト
    • 『交響的物語 ピーターと狼』/作曲:セルゲイ・プロコフィエフ
    • 『ドリフの真赤な封筒』/作詞:永田哲夫 補作詞:なかにし礼 作曲者不詳(ハワイ民謡)
  3. 本作の「天才指揮者の犯行」「被害者が不倫の相手」「凶器の灰皿」「巻添えを食って死ぬ被害者のペット」「被害者に好意を寄せる楽団内の男」などのイメージはすべて『刑事コロンボ』の『黒のエチュード』からの引用である。
  4. 本作には、防音室で古畑が耳の調子をおかしくし、「ンマー!ンマー!」と叫ぶ楽しいシーンがある。これは、ニール・サイモン脚本/ジーン・サックス監督作の映画『おかしな二人』(1968)におけるジャック・レモンとウォルター・マッソーの軽食堂のシーンからの借用である。

GUEST STAR

市村正親(いちむら・まさちか)
市村正親黒井川尚役。1949年埼玉県生まれ。舞台俳優。1973年に劇団四季『イエス・キリスト=スーパースター』でデビュー。1980年『エレファントマン』でゴールデンアロー賞演劇賞受賞。1990年退団後は、ミュージカル・ストレートプレイ・一人芝居など様々な舞台に出演。『ミス・サイゴン』(1992)で芸術祭賞・菊田一夫演劇大賞を受賞、『スクルージ』(1997・再演)で松尾芸能賞演劇優秀賞を受賞する。三谷作品にはこの後、『HR』(2002)にチェッキー役でゲスト出演している。

CAST&STAFF

街田しおん(まちだ・しおん)
滝川ルミ役。1971年生まれ。女優。商社勤務、モデルを経て女優となる。ドラマ『フェイス』(1997)、『ハッピーマニア』(1998)などに出演。
橋本さとし(はしもと・さとし)
石森役。1966年生まれ。俳優。1989年、「劇団☆新感線」公演で俳優デビュー、その後も多くの作品に出演。1997年に劇団を退団後は、テレビドラマ、映画、舞台など多方面で活動。
野仲功
舞台監督・松阪役。