DATA

  • プロデュース/関口静夫
  • 企画/石原隆
  • 演出/河野圭太
  • 脚本/三谷幸喜
  • 音楽/本間勇輔
  • MINUTES/46mins
  • ON AIR/1999/05/25

AVANT-TITLE

「突然ですがあなた、大雑把な性格だって言われませんか?タンスの引き出し、ちゃんと閉めていますか?ブドウの種、全部飲み込んでいませんか?ジグソーパズル、力ずくではめ込んでませんか?ただですね、人間あんまりちまちましているのは考え物です。しかし一つだけいえるのは、大雑把な人間は完全犯罪には向いていないということ」


STORY

女流棋士・小田嶋さくら(田中美佐子)は夫・小田嶋佐吉(小日向文世)にケーブルテレビの囲碁教室で彼女が笑い者になっているとして仕事を辞め家に入るよう言われる。仕事に生きがいを見出しているさくらは、佐吉こそが自分の可能性を潰そうとしているとして殺害、アリバイ工作をしたうえで、強盗に襲われたように偽装した。


EXPLANATION

『哀しき完全犯罪』は、「倒叙ミステリ」としては非常に弱い印象を受ける作品である。まず、本作の小田嶋さくらは、非常に大雑把な人物に設定されている。これは、古畑の言葉を借りれば「人間的」な犯人像ではあるが、それゆえ、さくらは古畑の好敵手にはなり得ない。また、本作では犯人の職業が必ずしも本筋とは結びついていない。本作のプロットは、例えば、サラリーマンの夫とパートの主婦であったとしても問題なく成立するのである。

さらに、今回の古畑も犯人を追いつめるというよりは、犯人のイージーミス、すなわち、部屋にたまったコーヒーカップ、拭き忘れた卵、洗わずに捨てた猫の餌の缶、味付けを忘れた麻婆豆腐、ちゃんと閉めなかったラー油の蓋などをひとつひとつ指摘するという役割に留まっているのだ。

結果、本作は、古畑が、ただただ、平凡な犯人(職業は何でも成立する!)が現場で残したイージーミスを本人に指摘していくだけの、他に例がないほど単調なものとなった。これが、本作に冒頭の印象を与えている要因だと言えるだろう。しかし、これは同時に、ヴァリエーションを広げることを目指した第3シーズンらしい「ひねり」でもあったのである。

(注:以下はネタバレを含みます)

本作のポイントは、ドラマのほぼ全編が小田嶋さくらの視点で描かれていることである。言い換えるなら、本作は、小田嶋さくらをヒロインとすることによって成立しているドラマであり、今回の古畑は、犯人と対峙する存在としてではなく、彼女のドラマを引き立てる存在として配置されているのである(暗転部で「視聴者への挑戦」をしないことも、こうしたことが関係していると言えるだろう)。

そして、本作の最も重要なミスディレクションは夫・小田嶋佐吉であり、彼の存在があってこそ、視聴者は〈小田嶋さくらのドラマ〉を「夫に抑えつけられた哀しい女性のドラマ」として見るのである。さくらの設定が「人間的」であるのも、本作のプロットが犯人の職業に限定されていないのも、すべては広く視聴者をこの〈ドラマ〉に共感させる必要があったからだろう。

しかし、さくらが自分の番組のビデオを嬉しそうに観るシーンで我々は、〈佐吉の言葉の真意〉に気がつく。そして、「お前には似合わない」と佐吉からアクセサリーすら付けることを禁じられていたさくらが、“美しく着飾って”堂々と階段を降りてくるラストシーンに至るにおいて、我々視聴者はようやく、冒頭から見てきた〈小田嶋さくらのドラマ〉に気がつくのである。

つまり、『哀しき完全犯罪』は、〈犯人をヒロインとしたドラマ〉そのものをギミックにするという妙手によって、「共感路線」のツイストの効いたヴァリエーションとも言える、実に第3シーズンらしいミステリになっているのである。そしてその後味は、ミステリはミステリでも叙述ミステリと呼ばれるジャンルの持つそれに近いものなのである。


COLUMN

  1. 本作の「妻が夫を撲殺したあと、外出してアリバイを作り、帰宅してから警察に通報し、刑事に夜食を振舞う」というシチュエーションは、ロアルド・ダールの短編小説『おとなしい凶器』からの引用である。また、ミステリ的には、『刑事コロンボ』の『忘れられたスター』が強く意識されている。
  2. 「さくらが古畑にエスコートされて家を出る」ラストシーンは、『刑事コロンボ』の『黄金のバックル』からの引用である。(注:以下はネタバレを含みます)また、本作の〈詰め手〉も、同作の「暗闇の美術館」のくだりを反転した引用である。

GUEST STAR

田中美佐子(たなか・みさこ)
田中美佐子小田嶋さくら役。1959年生まれ。島根県出身。女優。1981年、ドラマ『想い出づくり』でデビュー。1982年、映画『ダイヤモンドは傷つかない』に主演、第6回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞する。その他の出演作に、ドラマ『愛の嵐』(1986)、『結婚の理想と現実』(1991)、『十年愛』(1995)、『セカンドチャンス』(1995)などがある。

CAST&STAFF

小日向文世(こひなた・ふみよ)
小田嶋佐吉役。1954年生まれ。俳優。1977年、串田和美主宰「オンシアター自由劇場」に入団。1996年の解散まで19年間在籍。劇団の看板女優吉田日出子の相手役として欠かせない存在となる。劇団解散後は映画・テレビドラマなどを中心に個性的なバイプレイヤーとして活躍。シリーズにはこの後、Episode42『ラスト・ダンス』に出演している。