DATA

  • プロデュース/関口静夫
  • 企画/石原隆
  • 演出/鈴木雅之
  • 脚本/三谷幸喜
  • 音楽/本間勇輔
  • MINUTES/46mins
  • ON AIR/1999/04/20

AVANT-TITLE

「テレビを見ながら食事をする人、いらっしゃいますよね。お風呂の中で雑誌を読む方、いらっしゃいますよね。ただ、私からのお願いです。人を殺す時くらいはどうか、殺人に集中してください」


STORY

創立十周年記念に沸く井沢ホテル。そこに宿泊したメディアプランナー ・由良一夫(真田広之)は、クライアントの都議会議員・岩田大介(佐渡稔)に新事業の融資から手を引くと告げられ殺害を計画する。由良は、アリバイ工作のために秘書・品田(磯野貴理子)と携帯電話で打ち合わせをしながら岩田の部屋を訪れ、自殺に見せかけて岩田を銃殺した。


EXPLANATION

『その男、多忙につき』は、Episode26『古畑任三郎 vs SMAP』、Episode28『黒岩博士の恐怖』の両スペシャル版を手がけた演出・鈴木雅之のシリーズ唯一の通常版であり、第3シーズンの中で最もスタンダードなスタイルを持つ作品である。

ミステリとしては動機やトリック、古畑の推理などにやや詰めの甘さが残るものの、「アリバイ崩し」をテーマの中心に据えた構成は「第1シーズンへの回帰」を目指した今シーズンらしく安定感があり、真田広之の好演も手伝って古畑と由良の対決も見応えのあるものになっている。古畑の手数となるものも、タバコの吸殻・灰皿の燃えかす・灰のついたペン・手袋の痕・マッサージの内線・隣のビルのオフィスラブ・ホテルの通話記録など豊富に揃えられ、対決感を盛り上げる。

にも関わらず、『その男、多忙につき』は、クライマックスでのカタルシスがあまり感じられない作品となった。それは、鈴木演出が「由良の部屋の位置関係」を伏線として予め視聴者に提示しておくという作業を避けているからである。

雰囲気重視の鈴木演出は、これをイメージの多用で乗り切ろうとした。しかし、イメージはあくまでもイメージであり、伏線にはなり得ない。犯行シーンの前後に配置したホテルの全景カットも「由良の部屋の位置関係」を提示していない以上、単なるイメージの上塗りに過ぎない。

つまり、本作では重要な伏線がすっぽりと抜け落ちているため、クライマックスで伏線が一つに収束することによるカタルシスを味わうことができないのである。さらに、前述の〈イメージ〉がくど過ぎるため、インパクトさえも弱くなってしまったのはまことにもったいない事であった。

但し、今回の〈詰め手〉はネタ割れしやすいものであったのもまた事実であり、前述の鈴木演出は、そこを何とか回避しようとした苦肉の策と見ることもできよう。そもそも、脚本の三谷は何故今回のシナリオにこの〈詰め手〉を採用したのだろうか。

考えるに、三谷はコメディ作家として今回の〈詰め手〉のアイデアを捨てきる事ができなかったのではないだろうか。つまり、今回のシナリオは、まず「オチ」としての〈詰め手〉から発想され、それをミステリに組み込むために全体が構築されたように思えるのだ。そう考えれば、本作におけるミステリとしての詰めの甘さや、古畑がわざわざめくりをつけたフリップを持って登場する解決編なども納得できるのである。

『その男、多忙につき』は、倒叙ミステリとしての謎解きの快感よりも、田村正和と真田広之の演技合戦が醸し出すスタイリッシュな対決の雰囲気、そして、三谷コメディらしい大掛かりでナンセンスな〈オチ〉を味わうべき作品だといえるだろう。


COLUMN

  1. 本作のサブタイトルは、北野武監督作の映画『その男、凶暴につき』(1989)のもじりである。
  2. 本作の古畑の推理には大きな穴がある。すなわち、古畑は「由良がカーテンの隙間から外を覗いていた」という可能性を見落としているのである。
  3. 本作が第1シーズンへの回帰を目指して書かれたことは、随所に同シーズンの『最後のあいさつ』を彷彿とさせるイメージが散見されることでも明らかである。すなわち、犯人の不在証明を立証する点、拳銃による殺害方法、古畑が最初に着眼するタバコの吸殻、そして、〈犯行時刻にホテルで起こったある出来事〉が犯人のアリバイを崩す詰め手となる点などは、すべて『最後のあいさつ』と同一なのである。

GUEST STAR

真田広之(さなだ・ひろゆき)
真田広之由良一夫役 。1960年、東京都生まれ。俳優。中学入学と同時に千葉真一主宰のジャパンアクションクラブ(JAC)に入団。映画『魔界転生』(1981)、『里見八犬伝』(1983)などに出演し、若手No.1のアクションスターとなる。以降もコメディから時代劇まで出演し、日本を代表するスター俳優に。三谷作品には、本作の翌年に舞台『オケピ!』(2000)にコンダクター役で出演、その翌年には映画『みんなのいえ』(2001)にバーテンダー役でカメオ出演している。

CAST&STAFF

佐渡稔
岩田大介役。
磯野貴理子(いその・きりこ)
品田役。1964年生まれ。タレント。1987年、久留龍子、茂原裕子とともに「チャイルズ」を結成。バラエティ番組『笑っていいとも!』の5代目いいとも青年隊としてレギュラー出演。「チャイルズ」解散後はソロでバラエティ番組を中心に活躍。