DATA

  • プロデュース/関口静夫
  • 企画/石原隆
  • 演出/河野圭太
  • 脚本/三谷幸喜
  • 音楽/本間勇輔
  • MINUTES/70mins
  • ON AIR/1996/03/27

AVANT-TITLE

「今夜は花言葉のお勉強。まずシクラメン、花言葉は『疑惑』。ソメイヨシノ、花言葉は『美しい人』。シダレグワ、花言葉は『智恵』。そしてミヤコワスレ。花言葉は『しばしの別れ』。古畑任三郎でした」


STORY

華道家・二葉鳳翆(山口智子)は、家元・二葉鳳水(長内美那子)の元から独立してフラワーアレンジメント教室を経営していたが、鳳水から度々営業妨害を受けていた。鳳翆は発表会に鳳水を招待して密かに楽屋に呼ぶとネックレスを贈り、睡眠薬入りのお茶を飲ませ、発表会中に抜け出し客席で眠っている鳳水に毒物を注射、心臓発作に見せかけて殺害した。今泉の発表を見に来ていた古畑は病死に疑問を抱くが、鳳水は勝手に席を移動しており、犯人にその位置を知る術はなかった。


EXPLANATION

三谷幸喜のヒット作『王様のレストラン』で天才シェフ・磯野しずか役を演じた山口智子をゲストに迎えた『しばしのお別れ』は、第2シーズン終了後のスペシャル版として制作された割にはややこぢんまりとまとまった印象を与える作品である。

ここでは、シーズン終了から2週間後という放送日の中にその要因が隠されている、という仮説を提出しておきたい。すなわち、本作は単独のスペシャル版ではなく、第2シーズンの最終回として企画された作品だったのではないだろうか。

当時、鈴木保奈美は『東京ラブストーリー』『愛という名のもとに』、山口智子は『29歳のクリスマス』『王様のレストラン』など、ともにフジテレビに多大な貢献をしていた、いわゆる「高視聴率女優」であった。その両方の顔を立てるために、「最終回」と「スペシャル」を分離するという「奇手」が取られたのではないか。

そう考えれば、第2シーズンの大きな特徴のひとつである〈視聴者への隠し事〉が、本作にも「トリック当て」という形で導入されていること、本作放映後の深夜にミニドラマ『今泉慎太郎』が放映されていることなどからも、本作は第2シーズンの延長線上に位置している作品だと言うことができる。これが、おそらくは、本作に冒頭の印象を与えている要因となっていると思われる。

それを裏付けるように、本作の内容もまた第2シーズンが目指した「第1シーズンより深い『古畑任三郎』」を志向したものになっているのである。

「今泉の舞台を見ていたというアリバイを作って、その間に発表会の本番中に抜け出す」というプロットは、第1シーズンEpisode11『さよなら、DJ』のヴァリエーションの進化形であるし、「睡眠薬で被害者を眠らせたうえで、観客席の観衆の目前で殺人を犯す」というのも、第1シーズンEpisode08『殺人特急』の見事な発展型である。

さらに、ブラウスの袖・粉薬などの状況証拠から病死に疑問を抱く流れや、「最初にどこで古畑が犯人を怪しいと思ったか」というくだりも、第1シーズンらしいオーソドックスな展開でありながら、より洗練されたものとなっている。特に、古畑が故障中の自動販売機にお金を吸いこまれるという脚本上第1作である『動く死体』の古畑の初登場シーンと同じシチュエーションを、古畑の手数のひとつにまで昇華させているのは、その最も象徴的なものと言えるだろう。

そんな『しばしのお別れ』の唯一(にして最大)の弱点は、テーマである「鳳翆はどのようにして暗闇の客席から鳳水を見つけ出したのか」という〈トリック〉が魅力のあるものではなかった点である。『しばしのお別れ』の〈トリック〉はシリーズとしてはあまりにも機器的すぎるうえ、勘のいい視聴者であればすぐに気がついてしまうレベルのものなのである。

また、この〈トリック〉と古畑が交差する伏線の演出が弱く、古畑が〈トリック〉に気がつくシーンが唐突な感じを与えてしまうのも惜しい。これは、倒叙形式が「トリック当て」を目指したことによる弱点であると言える。

しかし、それ以外での河野演出は安定した手腕を見せる。特に、鳳翆と鳳水の「特殊な関係」を「描かずに描く」手際は見事である(鳳水のバックに百合の花!)。

そして、山口智子のサバサバとした演技が、女性犯人物特有の湿っぽさを作品から排し、本作のエンディングをさっぱりとした後味のよいものにしていることも特筆しておくべきだろう。


COLUMN

  1. 発表会会場のロビーに、三谷幸喜脚本『王様のレストラン』の原田禄郎から花が届けられているという「お遊び」がある。
  2. 本作には、山口智子の見事なフラメンコのシーンが登場するが、これは山口の趣味がフラメンコであり、脚本の三谷幸喜が当て書きの一環として作品内に取り込んだものである。
  3. 二葉流から鳳翆の事務所に電話がかかる件りで、ソファの後ろから撮影カメラが見切れる"ダウトシーン"がある。

GUEST STAR

山口智子(やまぐち・ともこ)
山口智子二葉鳳翆役。1964年生まれ。栃木県出身。女優。1986年、東レ水着キャンペーンガールとしてデビュー。1988年にNHK連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』でヒロインを務める。その後も、映画『居酒屋ゆうれい』(1994)、ドラマ『同・級・生』(1989)、『もう誰も愛さない』(1991)、『29歳のクリスマス』(1994)、『王様のレストラン』(1995)などに出演し、同世代の女性達から支持を集める。1995年にEpisode19『VSクイズ王』のゲストスター・唐沢寿明と結婚。

CAST&STAFF

長内美那子(おさない・みなこ)
二葉鳳水役。1939年生まれ。女優。劇団青年座入団後、1960年に 『八段』で初舞台、ドラマ『愛染かつら』(1965)で注目を浴びる。主な出演作に、ドラマ『パパと呼ばないで』(1972)などがある。
伊藤俊人
桑原万太郎役。