DATA

  • プロデュース/関口静夫
  • 企画/石原隆
  • 演出/松田秀知
  • 脚本/三谷幸喜
  • 音楽/本間勇輔
  • MINUTES/46mins
  • ON AIR/1994/06/29

AVANT-TITLE

「火事の時は119番。どうして最後が「9」なのかご存じですか。ダイヤル式の電話の場合、大きな数字の方がダイヤルが元に戻る時間が長い、それだけ心が落ち着くという事です。つまり、プッシュホンの時代にはほとんど意味ないんです」


STORY

警視庁警視・小暮音次郎(菅原文太)は、孫娘を殺害したグループのリーダー・生原治(鈴木隆仁)が証拠不十分で無罪になったことを受け、自ら裁きを下す決意をする。密売人を装って麻薬バイヤーに取引先を指定した小暮は、近くの安ホテルで自らそれを張り込むことでアリバイを作ると、ホテルから抜け出し、生原を射殺した。


EXPLANATION

第1シーズンの最後を飾る作品となった『最後のあいさつ』は、暗いトーンを基調とした画面構成、古畑の上司を犯人にするという設定、そしてゲストにベテラン俳優・菅原文太を迎えたことで、最終回にふさわしい大胆かつ重厚な雰囲気となった。

今回のテーマである「アリバイ崩し」に関しては、灰皿の吸殻から古畑が小暮に疑いの目を向ける流れはスムーズであり、詰め手となる〈犯行時刻にホテルで起こったある出来事〉や〈逆トリック〉の伏線も適量かつフェアに提示されている。

特に、『最後のあいさつ』の伏線の提出の仕方は、映像ミステリならではのさりげなさがすばらしい(古畑が最初に安ホテルを訪れる件りは要チェック)。逆に言えば、あまりにもさりげなさ過ぎるため、他のエピソードのような「詰め手の鮮やかさ」という意味では物足りなく感じるかもしれない。本作のミステリとしての味わいは、例えるならば『刑事コロンボ』的というよりは、傑作テレビシリーズ『エラリー・クイーン・ミステリー』の謎解き気分に近いのである。

そして、『最後のあいさつ』に一種独特なムードを与えているのは、犯人を古畑の(直属ではないにせよ)畏敬すべき上司、被害者を憎むべき卑劣な犯罪者とすることで生じる犯人対古畑の微妙なニュアンスと、ラストでの古畑と小暮の会話であろう。これにより、本作は「共感路線」のユニークなヴァリエーションともなっているのである。

さらに、本作に取り入れられた最終回ならではの趣向の数々が、他のエピソードにはない特別さを醸し出している点にも注目しておきたい。

ひとつは、「いままでの刑事ドラマの世界観に古畑を放り込む」という趣向である。警察署内での古畑のシーンをはじめ、張込み・聞き込み・捜査に走る刑事たち・麻薬・銃撃戦など、『古畑任三郎』の世界観とは最も遠いイメージを散りばめつつ、その中で『古畑任三郎』がいままでの刑事ドラマとは一線を画すアバンギャルドなシリーズであったことを浮き彫りにしている点は見事である。

もうひとつは、梶原善のEpisode08『殺人特急』に続く再登場と、「科研の桑原君」を演じた伊藤俊人の起用という、三谷ファンには嬉しいサービスである。尺が余ったため急遽撮影されたという「科研の桑原君」のシーンは、その後の『今泉慎太郎』の原型となるものだけに興味深いものだと言えよう。

最後にもうひとつ。「孫娘の復讐」という動機や、ラストの「孫娘の事件も君に担当してもらいたかった。そうすれば…」という小暮のセリフは、『刑事コロンボ』の『死者のメッセージ』の「姪」を「孫娘」に変えた引用であり、同作へのアンサーである『死者からの伝言』で開幕したシーズンにふさわしい“コーダ”であった。


COLUMN

  1. (注:以下はネタバレを含みます)古畑が最初に安ホテルを訪れるシーンには、小暮がチェックインするシーンではなかった「ホテルの窓に付着している泡らしきもの」や「消えた消火器」などがさりげなく映しこまれている。
  2. ノベライズ版では、〈犯行時刻にホテルで起こったある出来事〉の伏線が改変されて発行された。
  3. サブタイトルの『最後のあいさつ』はアーサー・コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズ完結篇にあたる『最後の挨拶』からの借用である。
  4. 本作のアヴァン・タイトルの「119の理由」は俗説である。緊急回線番号は大正15年に「112」と定められたが、かけ間違いが多かったことから翌昭和2年に未使用の地域番号9を使い「119」としたのがはじまりである。

GUEST STAR

菅原文太(すがわら・ぶんた)
菅原文太小暮音次郎役。1933年生まれ。宮城県出身。俳優。1956年、東宝『哀愁の街に霧が降る』で映画デビュー。1973年、映画『仁義なき戦い』で一躍スターとなる。その他の主な出演作品に、映画『トラック野郎』(1975)、ドラマ『獅子の時代』(1980)、『警視庁殺人課』(1981)、『北の国から’92 巣立ち』(1992)などがある。近年はジブリ作品『千と千尋の神隠し』(2001)、『ゲド戦記』(2006)などに出演、声優としても活躍している。

CAST&STAFF

伊藤俊人(いとう・としひと)
桑原万太郎役。1962年生まれ。俳優。劇団『東京サンシャインボーイズ』のメンバーとして多くの舞台を踏む。主な出演作に、ドラマ『王様のレストラン』(1995)、『ショムニ』(1998)、映画『マルタイの女』(1997)などがある。シリーズにはこの後、Episode24『しばしのお別れ』、総集編『消えた古畑任三郎』、Episode28『若旦那の犯罪』に本作と同じ桑原役で出演している。
梶原善
ホテル支配人・井戸役。
鈴木隆仁(すずき・たかひと)
生原治役。俳優。映画『新・極道の妻たち』(1993)、『ソナチネ』(1993)に組員役で出演。