DATA

  • プロデュース/関口静夫
  • 企画/石原隆
  • 演出/松田秀知
  • 脚本/三谷幸喜
  • 音楽/本間勇輔
  • MINUTES/46mins
  • ON AIR/1994/06/01

AVANT-TITLE

「車内で、リクライニングシートを倒す時は必ず一言後ろの人に声をかけてください。そういった小さな思いやりが旅を楽しい物にしてくれます。そう、やっぱり旅は楽しくなくちゃいけません、旅は…」


STORY

天真楼病院の外科部長・中川淳一(鹿賀丈史)は、不倫の現場を興信所の所長・宍戸隆(河原さぶ)に押さえられたため、妻に不倫の証拠写真が渡る前に宍戸の殺害と写真の奪取を目論む。中川は、列車内で宍戸に睡眠薬を飲ませ、眠った宍戸の踵に毒薬を注射して殺害、証拠写真のフィルムを奪った。だが、その途中で後部座席のやくざ風の男(大河内浩)に顔を見られてしまう。


EXPLANATION

『殺人特急』は、シリーズとしては初となる「目撃者」をテーマにした作品であり、ミステリ的な雰囲気をじゅうぶん満喫できる作品である。

本作の一番の趣向は、三谷幸喜が1993年に脚本を担当したドラマ『振り返れば奴がいる』の中川淳一外科部長を犯人役として登場させていることだろう。これは、三谷ファンにとって、まことに嬉しいサービスであった。

それ以外にも、三谷ファンには楽しい要素が多く盛りこまれている。「後ろの人に気を使ってシートを倒せない」というモチーフは、三谷ファンなら思わずニヤリとしてしまうものだろう。乗客の女性による中川の面通しのギャグも、いかにも三谷好みなものである。また、車掌を演じた梶原善の登場は、多くの三谷ファンを喜ばせたに違いない。

もちろん、三谷ファン以外が見ても、ミステリとして面白く出来ている作品である。本作は、シリーズでも手掛かりが豊富な作品のひとつであり、駅弁の紐の結び方をはじめ、クレジットカード・みかん・踝に残された注射の痕・中途半端な被害者の所持品・被害者のコート・リクライニングシートなどから古畑が中川を追い込んで行く過程が丁寧に描かれている。

そして解決編。今回の「古畑はどのようにして中川にボロを出させようとしているのか」をポイントとした〈逆トリック〉は、視聴者にもミスディレクションが仕掛けてあるという点で秀逸であり、かつその演出もフェアなものである。また、冒頭で触れたように、本作はドラマ『振り返れば奴がいる』と世界観を共にしているが、本作の〈詰め手〉は、鮮やかなものであると同時に、このドラマのタイトルを前提に置くことで「オチ」となる洒落たものでもあった。

さらに、古畑が最初に中川に目星をつけるきっかけとなる〈伏線〉は、まさにテレビ的なものであり、そのさりげない提出の仕方、演技が素晴らしい。再見の際には是非この点にもご注目いただきたい。

ひとつ難を言うとするなら、やくざ風の男以外の乗客全員がまったく犯人を目撃していないという点だろうか。実際にはそういうこともあるだろうが、ドラマでやられるといかにもご都合主義に見えてしまう。おそらくそうした指摘もあったのだろう、後のノベライズ版では、やくざ風の男と女の他は、後ろの方に年配の夫婦連れがいるだけという状態に改変されている。

そういった細かい点はあるものの、『殺人特急』は全体的によくできた作品である。なによりも、列車内という限定された空間でスピーディに展開されるストーリーはミステリ的な雰囲気に満ちており、鹿賀丈史の名演と合わせて何度も見返したくなる魅力を本作に与えているのである。


COLUMN

  1. (注:以下は本作と『5時30分の目撃者』のネタバレを含みます)「目撃者を見ていた犯人が真の目撃者」という本作の〈詰め手〉は、『刑事コロンボ』の『5時30分の目撃者』からの引用である。
  2. DVDでは、宍戸が新幹線の座席で寝る前に読んでいる雑誌のヌード写真が映るシーンがカットされている。
  3. 『刑事コロンボ』の『黒のエチュード』には、本作の「乗客の女性による中川の面通し」と同じようなシチュエーションが存在する(こちらでは、目撃者の少女が犯人の面通しをするが・・・という内容)。

GUEST STAR

鹿賀丈史(かが・たけし)
鹿賀丈史中川淳一役。1950年生まれ。石川県出身。俳優。劇団四季に入団、『イエス・キリスト=スーパースター』で主役デビュー。退団後も舞台をはじめ映画、テレビなどで活躍。主な出演作に、舞台『レ・ミゼラブル』、映画『悪霊島』(1981)、『麻雀放浪記』(1984)、ドラマ『徳川家康』(1983)、『翔ぶが如く』(1990)、『振り返れば奴がいる』(1993)、バラエティ番組『料理の鉄人』(1993)などがある。

CAST&STAFF

河原さぶ(かわはら・さぶ)
宍戸隆役。1945年生まれ。俳優。劇団雲・演劇集団 円を経て映画・テレビなどで活躍する。主な出演作は、映画『病院坂の首縊りの家』(1979・河原裕昌名義)、『黒い雨』(1989)、ドラマ『じゃじゃ馬ならし』(1993)など多数。
梶原善(かじはら・ぜん)
車掌役。俳優。1966年生まれ。俳優。「東京サンシャインボーイズ」の個性派俳優として多数の舞台で活躍。『12人の優しい日本人』(1991)の陪審員7号役で映画デビュー。その他、映画『ラヂオの時間』(1997)、ドラマ『王様のレストラン』(1995)、『合い言葉は勇気』(2000)などに出演。この後シリーズには、Episode12『最後のあいさつ』、Episode26『古畑任三郎 vs SMAP』に出演している。
大河内浩(おおこうち・ひろし)
後部座席のやくざ風の男役。1956年生まれ。俳優。映画『12人の優しい日本人』(1991)に陪審員6号役で出演している。