DATA

  • プロデュース/関口静夫
  • 企画/石原隆
  • 演出/星譲
  • 脚本/三谷幸喜
  • 音楽/本間勇輔
  • MINUTES/46mins
  • ON AIR/1994/05/25

AVANT-TITLE

「月…。月と地球は約38万キロメートル離れています。そして月は一年に約3センチメートルずつ遠ざかっています。つまり、今日の月は昨日の月よりほんのわずか遠くにあるわけです。月は…」


STORY

時代劇俳優・大宮十四郎(小林稔侍)は、オーナー・城田春彦(長谷川初範)の撮影所閉鎖計画に反対していた。大宮は、殺陣のリハーサルを利用して、小道具の刀と真剣の取り違えによる事故に見せかけて城田を斬殺する。事故として記者会見が行われる中、これが計画的な殺人と看破した古畑は大宮を追求するが、小道具係の山本(梅津栄)が「自分が刀をすりかえた」と自白してしまう。


EXPLANATION

『殺人リハーサル』は、「殺意の立証」をポイントに置いているため、他の作品に比べてやや地味な印象ではあるが、ミステリのルールをきちんと守った良質な作品である。しかし、見終わったあとに何か物足りなさを感じさせる作品でもある。

「持ったときに、小道具のイミテーションか真剣かはわかるのではないか」という視聴者が当然持つであろう疑問に対しては、小道具係の証言や、大宮にわざとイミテーションと真剣を選ばせる〈真剣白羽取りシークエンス〉などで否定し、この疑問を排除する演出が施されている。

詰め手である〈他人には何でもないが本人にとっては大切なもの〉に関しても、冒頭から中盤の楽屋シーンを経て暗転前に至るまで、複数に分けて丁寧すぎるほどきちんと伏線が張られており、じゅうぶんフェアであると言ってよいだろう。

また、大宮の犯行を欲得や保身からのものでなく「撮影所の仲間を守るため」とした設定も、本作を魅力あるものにする作用を果たしている。これによって、真剣で斬り殺すというシリーズでも残忍な殺害方法でありながら、大宮の犯行を視聴者が共感し得るものにすることに成功し、小道具係の山本が「自分が刀をすりかえた」と大宮を庇おうとするシーンを納得できるものにしているのである。

非常に丁寧な造りである本作ではあるが、見終わったあとに何か物足りなさを感じさせるのは、大宮が(業務上過失致死罪としてではあるものの)逮捕されることを恐れていないという設定と、〈真剣白羽取りシークエンス〉以外にこれといった直接対決がなく、大宮がまったく追いつめられていないことが主な要因だろう。

このため、物語がどうしてもドラマチックに盛りあがらないのである。そうした意味では、中盤で小道具係の山本をはじめとする撮影所の仲間達のドラマにクローズアップすれば、本作はドラマチックに盛りあがったものになったかもしれない。

良質ながら物足りなさを感じさせる『殺人リハーサル』ではあるが、本作でのモチーフは後の作品で進化・発展して用いられることになる。すなわち、「真贋の取り違え」「他人には何でもないが本人にとっては大切なもの」というモチーフは、統合されEpisode20『動機の鑑定』に、そして「近しい人物が犯人を庇おうとする」というモチーフは、その発展型としてEpisode30『灰色の村』に、それぞれ引継がれていくのである。

演技面に関しては、犯人・大宮十四郎役を演じた小林稔侍は、雰囲気はあるものの、いささか一本調子な演技で魅力と個性に欠け、残念であった。


COLUMN

  1. DVD版の「あっぱれ侍」のBGMに使われている曲は、チャイコフスキー作曲『スラブ行進曲』である。
  2. 本作との関係は不明だが、1988年、勝新太郎が監督を務めた映画『座頭市』のリハーサル中に勝の息子で俳優の奥村雄大が持っていた日本刀(真剣)が殺陣師の首に刺さり死亡するという事故が起きている。真剣は迫力を出すためにスタッフが勝手に用意したもので奥村はそれに気づかなかったとされ、裁判ではその主張が採用された。

GUEST STAR

小林稔侍(こばやし・ねんじ)
小林稔侍大宮十四郎役。1943年和歌山県生まれ。俳優。第10期東映ニューフェイスに合格し、1965年『地獄の波止場』で映画デビュー。映画『網走番外地 北海篇』(1965)、『新幹線大爆破』(1975)、『居酒屋兆治』(1983)、ドラマ『柔道一直線』(1969)、『HOTEL』(1990)など多数の作品に出演する。特撮ファンには『キャプテンウルトラ』(1967)での「キケロのジョー」としても有名。

CAST&STAFF

長谷川初範(はせがわ・はつのり)
城田春彦役。1955年生まれ。俳優。特撮番組『ウルトラマン80』(1980)の矢的猛役で有名。その他の出演作に、ドラマ『101回目のプロポーズ』(1991)などがある。
梅津栄(うめづ・さかえ)
小道具係・山本役。1928年生まれ。俳優。悪役からコミカルな三枚目・シリアスな役柄までこなす名バイプレイヤーとして、特撮番組から時代劇・ドラマ、映画、舞台など数多くの作品に出演。
二瓶鮫一(にへい・こういち)
大道具係役。1937年生まれ。俳優。映画『12人の優しい日本人』(1991)に陪審員4号役で出演している。
山崎一(やまざき・はじめ)
マネージャー役。1957年生まれ。俳優。1995年に英会話教室CMの“鈴木さん”役で一躍全国区の顔に。シリーズにはこの後、Episode37・38『最も危険なゲーム』に出演している。
峰岸徹
蟹丸警部役。