DATA

  • プロデュース/関口静夫
  • 企画/石原隆
  • 演出/松田秀知
  • 脚本/三谷幸喜
  • 音楽/本間勇輔
  • MINUTES/96mins
  • ON AIR/1995/04/12

AVANT-TITLE

「ちょっと手を出してみてください。あ、いや、両手です。計算機が無くても掛け算が出来る便利な方法があるのをご存じですか。俗にいう『フランス式指電卓』です。ではやってみます。例えば“7×8=56”の場合。左は7を表します。御一緒に、1,2,3,4,5,6,7。右は8を表します。御一緒に、1,2,3,4,5,6,7,8。ここまでよろしいですね。次は答えです。56。10の位は立っている指を足します。2+3で5ですね。で、1の位は折れている指を掛けます。3×2でさんにが6。ということで、5と6で56、“7×8=56”です。九九を忘れた方はぜひやってみてください。では次に“8×9=72”にチャレンジ。よろしいですか。1,2…これ大変時間がかかります。お好きな方は自分でやってみてください」


STORY

数学者・二本松晋(陣内孝則)は、不倫関係にある数学者・野田茂男(田口浩正)の妻・ひかる(水野真紀)から「野田を突き飛ばしたら頭を打って死んでしまった」と相談される。二本松は古畑らを証人にしてアリバイを作り、野田を階段からの転落死に偽装する。ところが野田が蘇生、数学界永年の謎「ファルコンの定理」を解明したと言い出す。二本松は手柄を横取りするため野田を灰皿で撲殺し再び転落死に偽装するが、古畑に追求され、凶器の灰皿をひかるの部屋のものとすり替える。


EXPLANATION

シリーズ初のスペシャル版としてオーストラリア・オールロケを敢行した『笑うカンガルー』は、「被害者が生き返る」というトリッキーな設定に、「事後従犯」というアイデア、アリバイトリック、そして、

  • 「第1の事件」の加害者を庇うため、事後従犯が「第1の事件」を事故死に偽装する
  • →事後従犯が「第2の事件」の主犯になる
  • →「第2の事件」の主犯が自分の犯行を「第1の事件」のように偽装し、事後従犯を装う
  • →「第2の事件」の主犯が自分の罪を「第1の事件」の加害者に擦りつける
  • →「第1の事件」の加害者が「第2の事件」の主犯を庇う
という非常に込み入ったプロットを持つ作品である。さらに、「男と女の嘘」というテーマが採り込まれているため、シリーズとしてはかなり複雑な構成になっている。

松田演出は、その複雑なプロットをうまく整理して見せてくれるが、そのために他の部分はシンプルにする必要に迫られたのか、ご都合主義や説明不足ともいえる部分が散見する。例えば、「第1の事件」の偽装工作中は目撃者が一切いないにも関わらず、「第2の事件」の偽装工作中は急に目撃者が大勢登場する。二本松がビーチを泳いで逃走する際に脱ぎ捨てた服についても、その後のストーリーでは一切触れられないままである。

しかし、首の痣・肩凝りスプレー・塩辛・時計・ブレックファストの札・壊れたメガネ・新聞の写真・野田に届いた手紙などの手がかりから古畑が二本松を追いつめていく過程はテンポよく描かれており、〈壁の落書き〉を使った逆トリックも見事である。また、晴れ渡ったオーストラリアの屋外ロケを多用した画面は、他のエピソードにはない開放感を本作に与えている。

(注:以下はネタバレを含みます)

「ひかるは本当に野田を突き飛ばしただけなのか」本作のラストは、シリーズでも含みのあるもののひとつになっている。試みに、「ひかるは野田を殺そうとした」と仮定してドラマを再見してみると、本作は全く違う作品として視聴者の前に現れるのである。

野田ひかるのイメージは、第1シーズンの女性犯人に用いられた「男運の悪い哀しい女性」と「逆境に負けない強かな女性」の2つのイメージがつき交ぜられたものであり、本作は「女性犯人物」の側面を持つ。ラストでの「あなたはいつも自分のことしか考えてなかった」「誰だってそうじゃないか?」というひかると二本松の会話にこそ、本作の本質が凝縮されていると言えるだろう。

このあたりは少々わかりにくい演出になってはいるが、『笑うカンガルー』は未見の方にも既見の方にも、最低2回、それぞれ二本松とひかるの目線で鑑賞することをお勧めしたい作品である。


COLUMN

  1. 二本松と野田が受賞する「アーバックル賞」は、「デブ君」の愛称で親しまれたサイレント映画全盛期の喜劇俳優ロスコー・アーバックルと、「フィールズ賞」という実在する数学賞を掛け合わせたものである。また「ファルコンの定理」は、実在する数学定理「フェルマーの最終定理」のもじりである。
  2. 古畑と今泉がオーストラリア旅行に来た理由は「缶詰の懸賞に当たったから」。これは『刑事コロンボ』の『歌声の消えた海』からの借用である。
  3. 二本松と野田の関係、どこにでも思いついたことをメモする被害者の癖などのイメージは、『刑事コロンボ』の『構想の死角』からの引用である。また、同作でのコンビ「フランクリン&フェリス」の頭文字がどちらも“F”であるのと同様、二本松と野田のそれは、どちらも“N”なのである。
  4. 二本松が血のついたティッシュを隠すため、とっさに今泉の鼻血に見せかけるシーンは、ビリー・ワイルダー監督作『フロント・ページ』(1975)からの借用である。

GUEST STAR

陣内孝則(じんない・たかのり)
陣内孝則 二本松晋役。1958年生まれ。福岡県出身。俳優・歌手。ロックバンド「ザ・ロッカーズ」のボーカルとしてデビュー。解散後は俳優・タレントとして活躍。主な出演作に、映画『ちょうちん』(1987)、ドラマ『愛しあってるかい!』(1989)、『名探偵 明智小五郎』(1994)などがある。本作出演後、三谷脚本の舞台『巌流島』(1996)に佐々木小次郎役として参加するも、諸般の事情により公演前に降板している。
水野真紀(みずの・まき)
水野真紀 野田ひかる役。1970年生まれ。東京都出身。1987年、第2回東宝シンデレラコンテスト審査員特別賞受賞。1990年のNHK連続テレビ小説『凛々と』で本格デビューする。1992年から1996年まで初代を務めた電器メーカーのCMキャラクター「きれいなおねえさん」としても知られる。主な出演作に、映画『冬物語』(1989)、ドラマ『家なき子』(1994)、『29歳のクリスマス』(1994)などがある。

CAST&STAFF

田口浩正(たぐち・ひろまさ)
野田茂男役。1967年生まれ。俳優。1989年、漫才コンビ「テンション」としてデビュー。1992年、解散後に俳優専業となる。本作出演後、三谷作品には、ドラマ『王様のレストラン』(1995)、映画『ラヂオの時間』(1997)などに出演した。
塩見三省(しおみ・さんせい)
古畑らが帰路につく飛行機の乗客役(ノン・クレジット)。1948年生まれ。俳優。1978年「演劇集団 円」に所属。映画『12人の優しい日本人』(1991)に陪審員1号役で出演している。