DATA

  • プロデュース/関口静夫
  • 企画/石原隆
  • 演出/河野圭太
  • 脚本/三谷幸喜
  • 音楽/本間勇輔
  • MINUTES/46mins
  • ON AIR/1994/04/27

AVANT-TITLE

「古くなったストッキングの意外な使い道をお教えします。切り取った先っぽをスリッパの上にかぶせて家の中を歩いてみてください。細かいゴミが面白いように取れます。ストッキングっていうのは便利な物で…」


STORY

精神科医・笹山アリ(古手川祐子)は、恋人の田代慎吾(羽場裕一)が別の女性と婚約したことを知り、人を驚かせることが好きな田代の性格を利用して殺害することを計画する。アリは言葉巧みに田代を誘導し、自分を驚かすためにストッキングを被ってベランダから部屋に入ってきた田代をバットで殴り殺した。そして、アリは警察へ通報し、強盗と間違えたと正当防衛を主張した。


EXPLANATION

放送順では第3作となった『笑える死体』は、シリーズとしては一番最初に撮影された作品である。また、田村正和ファンにとっては、古畑がストッキングを被りながらタバコを吸うシーンがあることでも貴重な作品だといえるだろう。

犯人が完全犯罪を目論むのではなく、自身の犯行を正当防衛として法的に無罪とすることを企むというプロットと、犯人と被害者の関係に争点のポイントを置いた結果、本作はシリーズとしては地味な印象を与える作品となったが、対決感はある仕上りになっている。

被害者・田代の「性格」を利用したアリに対して、同様に田代の「性格」からアリの犯行を暴いていく古畑との対決の過程はミステリ的に上質なものである。オーブンのローストチキンをめぐる古畑とアリの攻防もおもしろく(チキンのデザート!)、古畑が料理をするというファンには楽しいシークエンスもある。

しかし、本作にはミステリドラマとして惜しい点が1つだけある。それは、詰め手となる〈一番目につきやすい物ほど見つけにくい物証〉が、事件篇のどのシーンにも映っていないことである。

河野演出は、田代がパーティの準備をしているシーンや、アリが証拠隠滅をするシーン、そして、解決篇の直前にも伏線を丁寧過ぎるほど張ってはいるが、もしも、この〈一番目につきやすい物ほど見つけにくい物証〉を、文字通り視聴者の目につきやすいように画面に登場させ、なおかつそれが詰め手となることを悟られないよう視聴者をミスリードさせることができていれば、本作は傑作となったはずなのである。

『笑える死体』は、Episode01『死者からの伝言』に続く「女性犯人物」であり、同様に「復讐譚」であるが、その動機の根底にあるものについては2作間で大きく異なっている。

前者が「生きることへの希望を失った」ことによる犯行であるのに対し、後者のそれは「プライドの問題」である。そこに、『死者からの伝言』の小石川ちなみが、若くして夢を手に入れたが故に人生を諦観している哀しい女性であるのに対して、本作『笑える死体』の笹山アリが生きることにアグレッシブな強い女性であるという違いが示されている。

言いかえれば、『死者からの伝言』が、犯人を「待つ女」として「共感路線」に成功したのと対称に、本作では犯人を、プライドが高い「戦う女」とすることで、「復讐譚」でありながら対決感のある作品にしているのである。そういった意味からも本作は、勢い「共感路線」に偏りがちな「女性犯人物」における「対決路線」の基本フォーマット的な位置付けと見ることもできるだろう。


COLUMN

  1. 古畑がタバコを吸うシーンが描かれるのはシリーズ中でも本作のみである。
  2. また、この「ストッキングとタバコ」のくだりは、おそらくは『刑事コロンボ』の『5時30分の目撃者』が元ネタであろう。この作品には、コロンボが「ストッキングで覆面をしながらタバコは吸えない」と共犯者の証言の矛盾をつくシーンがある。三谷は本作の中で、このコロンボの推理をひっくり返してみせたわけである(尚、『5時30分の目撃者』のゲストスター、ジョージ・ハミルトンの設定は笹山アリと同じ精神科医である)。

GUEST STAR

古手川祐子(こてがわ・ゆうこ)
古手川祐子笹山アリ役。1956年生まれ。大分県出身。女優。1976年「ミス・サラダガール・コンテスト」に1位入選し、カネボウCMでデビュー。主な出演作に、映画『星と嵐』(1976)、『駅 STATION』(1981)、『ひめゆりの塔』(1982)、『細雪』(1983)、『春の鐘』(1985)、『四十七人の刺客』(1994)、ドラマ『江戸川乱歩の黄金仮面U 桜の国の美女』(1980)、『宮本武蔵』(1984)、『いけない女子高物語』(1992)、『炎立つ』(1993)などがある。

CAST&STAFF

羽場裕一(はば・ゆういち)
田代慎吾役。1961年生まれ。ドラマ『ぽっかぽか』(1994)の“ちち”役が有名。三谷作品にはこの後、『新撰組!』(2004)に山岡鉄舟役で出演している。