幻の“レギュラー”

『古畑任三郎』の企画段階には、今泉慎太郎の他にもうひとり、レギュラーが構想されていたことをご存知だろうか。

2010年2月2日にNHK-BS2で放映された特別番組『私が愛した「刑事コロンボ」第2夜』内で三谷幸喜自身が語ったところによれば、これは、事件解決後に必ず古畑が立ち寄る“一杯呑み屋「ひさご」の女将”だったということである。

実は、こうした人物は、当時の刑事ドラマではよくある設定でもあった。つまり、制作陣も当初は『古畑任三郎』というドラマに確信を持ててはいなかったということであり、いわゆる「刑事ドラマ」の枠にはまっていたということだろう。逆に言えば、それだけ『古畑任三郎』は、当時の日本の刑事ドラマとしては型破りだったわけである。

余談ではあるが、この“一杯呑み屋「ひさご」の女将”は、その後、『古畑任三郎』第3シーズンEpisode37『最も危険なゲーム』にて、セリフの中だけではあるが、コントロールセンター長・武藤田の行きつけの店として登場することとなる。再見の際には、この点にも注目されるとまた違った楽しみ方ができるかもしれない。