『古畑任三郎』名セリフ集

「ハッピーエンドは最後の最後にとっておけばいいんです」
Episode01『死者からの伝言』小石川ちなみに語りかける古畑のセリフ。
「しまいには私だって、堪忍袋の緒を、緩めますよ」
Episode02『動く死体』古畑の執拗な追求に対して放つ中村右近のセリフ。
「幡随院先生、逮捕状です」
Episode04『殺しのファックス』ラストでの古畑のセリフ。シリーズには珍しい逮捕の瞬間に物語が終わる鮮やかなエンディングであった。
「痛い?」
Episode11『さよなら、DJ』中浦たか子がエリ子を殺害するときのセリフ。 シリーズでも凄みのあるこのセリフは、桃井かおりのアドリブだったという。
「人を裁く権利は我々にはありません。私たちの仕事は、ただ事実を導き出すだけです」
Episode12『最後のあいさつ』小暮警視に語る古畑のセリフ。
「友人の人生が賭かってるんです。必ずシッポをつかんでみせます」
Episode14『しゃべりすぎた男』小清水に挑戦するときの古畑のセリフ。
「今のドラマはしゃべりすぎよ」
Episode18『偽善の報酬』古畑に 「これがドラマなら犯人にどんなセリフを言わせるか」と問われた佐々木高代のセリフ。このセリフには脚本・三谷の心情が吐露されているようで興味深いものがある。
「物の価値というのは、そういうもんなんですよ。古畑さん」
Episode20『動機の鑑定』春峯堂のご主人のセリフ。
「たとえ明日死ぬとしても、やり直しちゃいけないって誰が決めたんですか」
Episode32『再会』ラストで安斎を諭す古畑のセリフ。

最後に、無言であるが故に雄弁であるという意味で、Episode17『赤か、青か』における「平手打ち」を挙げておきたい。