『古畑任三郎』と同じルーツを持つ「刑事たち」

『古畑任三郎』の原型が『刑事コロンボ』にあるのは周知の通りだが、『刑事コロンボ』をオマージュした作品は『古畑任三郎』だけだったのだろうか?もちろん、『古畑任三郎』の他にも枚挙に暇がないほどある。ここでは、そうした作品の一例を見てみたいと思う。

チェックメイト78 まず、1978年に推理作家・鮎川哲也の倒叙短編小説を原作にしたドラマ『チェックメイト'78』。テレビ朝日系列の金曜日21時からの1時間枠で放映された。主人公の佐賀四郎警部は松方弘樹が演じた。鮎川哲也原作だけにプロットはしっかりしていて、犯人役のゲストスターも、中尾彬や佐藤慶など、当時の中堅俳優が出演していた。

野呂盆六1993年には、『野呂盆六』シリーズが登場する。原作・脚本は長坂秀佳。TBS系列の月曜ドラマスペシャルの枠で2本が放送された後、10年以上のブランクを経て、2007年に『天才刑事・野呂盆六』としてテレビ朝日系列の土曜ワイド劇場枠で復活した。主人公・野呂盆六は一貫して橋爪功が演じている。作品を重ねるごとに倒叙形式のテイストは変化していくが、長坂脚本らしい独創的なミステリドラマとなっている。

信濃のコロンボ倒叙形式に限定せずコロンボのキャラクターをオマージュしたものとしては、2001年からテレビ東京系列で放送された内田康夫原作『信濃のコロンボ』シリーズがあげられる。主人公・竹村岩男を中村梅雀が演じた。2013年にはTBS系列でも放送。こちらでは寺脇康文が竹村岩男を演じている。

トトリそして、2012年には、NHK総合にて倒叙ミステリシリーズ『実験刑事トトリ』が放送された。『古畑任三郎』同様、随所に『刑事コロンボ』を彷彿とさせる設定があり、スタッフにかなりのコロンボファンがいるのだろうと推察される。主人公・都鳥博士は、『古畑任三郎』第3シーズンに出演予定であった三上博史である。コメディリリーフ役の相棒がいる点などは『古畑任三郎』へのオマージュのようにも思われる。好評につき、2013年にはセカンドシーズンとなる『実験刑事トトリ2』も放送された。

こうした作品を『古畑任三郎』と比較しながら鑑賞してみるのも、またおもしろいだろう。