DATA

本作は、2013年9月30日に放送されたフジテレビ開局55周年特別番組『SMAP GO!GO!』内の生ドラマ企画にて、『古畑任三郎 vs SMAP』の“続編”として三谷幸喜が脚本・演出を担当したものである。

  • チーフプロデューサー/黒木彰一
  • プロデューサー/春名剛生
  • 総合演出/出口敬生
  • 脚本・演出/三谷幸喜
  • ドラマ監督/河野圭太
  • MINUTES/15mins
  • ON AIR/2013/09/30

シナリオライズ 『「古畑任三郎 vs SMAP」その後…』

『古畑任三郎 vs SMAP』から14年。
2013年秋。彼らは、まだ獄中にいた。

夜。刑務所の一室

雑居房
見回りにくる看守。
香取、寝ている。
看守、それを確認して去っていく。
香取、起き上がり、ダミーをベッドに被せ、ベッドの下の床板を外す。
草g、床板の下から顔を出す。
香取
「なんだよ」
草g
「まずいよ」
香取
「何?」
草g
「…中居くんが」
香取
「ちょ、待って…嘘でしょ?」
草g
「そうなんだよ」
香取
「またゴネてんの?」
草g
「今、木村くんが説得してる」
香取
「勘弁してよ。何て言ってるの?」
草g
「脱獄したくないって」
香取
「なんで」
草g
「いや、俺もわかんないって…」
香取
「とりあえず行こう」
草g
「ちょっと待って、慎吾。俺さ、思うんだけど、これ中止にした方がいい気がするんだよね」
香取
「今さらそれはないでしょ。とりあえず行こうって」
草g
「俺すごい不安なん…」
香取
「こんなとこで話してちゃまずいって」
香取、草gの頭を押さえて床下に押し込む。
草g
「痛、お前やめろ」
草g、床下に落ちる。
香取、それに続いて床下に潜ってゆく。

床下

トンネル1
床下にはトンネルが掘ってあった。
草g、トンネルに落ちて痛がっている。
香取、梯子をつたって降りてくる。
香取
「ここまでやってきて中止ってのはあり得ないと思うよ」
草g
「でもヤバくない!?」
香取
「シー!もう。中居くんはなんで脱獄したくないわけ?」
草g
「いや、だからわかんないんだって」
香取
「面倒くさい人だよね」
草g
「俺も残ろうかな」
香取
「…好きにすれば」
草g
「なんかこうなる気がしてたんだよなあ」
香取
「木村くんが説得してるんだから大丈夫だと思うよ」
香取、シャベルでトロッコの線路を叩いて中居に合図を送り、トロッコでトンネル中間部に向かう。

トンネル中間部

トンネル2
ロープでトロッコを引っ張る中居、トンネルの中間部で座っている。
香取、到着する。
中居
「なあ、草gから何か聞いてるかな」
香取
「話は聞いたけど。意味がさっぱりわからないんですけど」
中居
「俺、行かないことにしたわ」
香取
「聞こえない」
中居
「これって俺のワガママかな」
香取
「ワガママでしょ!…木村くんは?」
中居
「表の様子見てるわ」
香取、トロッコで木村のところに行こうとする。
中居
「なあ、俺のことはいいから、お前らだけで脱獄してくれないか」
香取
「それはないと思うよ」
中居
「俺の気持ち、結構固いんだけどな」
香取
「みんなで脱獄しようって決めたじゃん。ここまでトンネル掘るのにどんだけ時間かかったと思ってるの」
中居、トンネルを振り返る。
香取
「みんなで脱獄して、古畑の家に行って、ピンポンダッシュしようって決めたじゃん」
中居
「俺の分まで、よろしく頼むわ」
香取
「木村くんと話してくる」
香取、シャベルでトロッコの線路を叩いて稲垣に合図を送り、トロッコでトンネルの先端部(出口)に向かう。
香取
「なんなんだよ!」

トンネル先端部(出口)

ロープでトロッコを引っ張る稲垣。
香取、到着する。
稲垣
「どうなったの」
香取
「聞いた?中居くんの事」
稲垣
「なんかゴネてるらしいじゃない」
香取
「意味不明」
稲垣
「で、どうするの。行くの?行かないの?」
香取
「行くに決まってんでしょ。ここまで穴掘っといて行かないってなんなの」
稲垣
「よかった。中止になるかと思ったよ」
木村、地上から梯子で降りてくる。
木村
「急ごうぜ。逃げるなら今しかない」
香取
「木村くん、中居くんのこと説得して」
木村
「何、まだグダグダ言ってんの?」
香取
「あの人は何をゴネてるわけ?」
木村
「全然わかんね」
木村、中居のところへ行こうとする。
稲垣
「ねえ、まさか中止になんかならないよね」
香取
「大丈夫だと思うけど」
稲垣
「木村くん、僕は言ったよね。あと1ヶ月で仮釈放なのに、なんでこのタイミングでわざわざ逃げるんだって。そしたら木村君、こう答えたよ。『俺たちは伝説を作るんだ』って。僕はその言葉に打たれたんだよ。だからこの計画にも参加した。いまさら中止なんて冗談でも言ってほしくないな。僕は、ひとりでも行くつもりだよ。それだけは言っておく」
香取
「木村くん…吾郎ちゃんがここまで熱く語ってるんだ!」
木村、稲垣を見つめる。
木村
「…お前、その熱さキープな」
木村、シャベルでトロッコの線路を叩いて合図を送り、トロッコで中居のいるトンネル中間部に向かう。
木村
「あのバカ!」

トンネル中間部

ロープでトロッコを引っ張る草g、不安そうな顔でそばにいる。
中居、まだ座り込んでいる。
木村
「な、急ごう。見張りの看守が交代する」
中居
「木村さ、俺…」
木村
「なあ、言っとくけど、お前ひとりここに残るって俺、絶対認めないからな」
中居
「じゃあみんなで残るべ」
木村
「みんなで逃げんだよ」
草g
「ちょっと待って、木村くん。俺、考えたんだけどさ」
木村
「ん?」
草g
「俺もここに残ることにしたから」
木村
「はあ?」
驚く木村と中居。
草g
「中居くんとここに残る」
木村
「何言ってんのお前?」
草g
「だからうちらのこと気にしないで、木村くんと吾郎さん慎吾逃げてよ」
木村
「勝手なこと言ってんじゃねえよ」
香取、トロッコの線路をつたって様子を見にくる。
香取
「ねえねえねえねえ、急がないと吾郎ちゃんひとりで行っちゃうよ」
木村
「慎吾、剛も残るってよ」
香取、あきれながら草gを見上げる。
香取
「もう、バカはほっといて行こう」
木村
「こいつらを置いて行けるわけねえだろ。みんなで逃げなきゃ意味ねえんだよ」
中居
「なあ、よく考えてくれ。俺たちが表に出たところで、一体何ができる?14年だぞ。14年もこん中にいたんだ。世の中は動いてる。今さら芸能界に戻って一体何が出来るんだよ」
香取
「いいんだけどさ、だったらそういうことは穴を掘る前に言って欲しかったよね」
中居
「ああ、ごめん。俺今気づいて言っちゃった」
香取
「遅いよね!?」
中居
「例えばさ、ツアーをやるったって、昔みたいにお客さんが集まるとは思えないけどな」
香取
「あのね、今から僕らは脱獄犯になるの。コンサートとかツアーとかあり得ないの」
中居
「そうか」
草g
「これさ、捕まったらどうなるかな」
中居
「今まで以上に警備が厳しくなるよな」
草g
「せっかく模範囚でここまでやってきたのに?所長さんのご好意で部屋も一緒にしてくれたのに?」
中居
「まあ、これからはみんな別々の部屋に移されるだろうな」
草g
「なんかそれもなあ」
木村
「捕まらなきゃいい話だろ!」
草g
「いや、でもね、絶対捕まると思うよ」
香取
「だからそういうのは穴を掘る前に言えっつうの」
草g
「違うんだよ。あのね、穴掘ってるときはすごい楽しかったの。なんかさ、こう、みんなで力をあわせて、ひとつの目標に向かって、なんかライブやってる感じで楽しかったんだよ」
中居
「そうなんだよ」
草g
「でもさ、実際、穴完成しちゃったら、なんか気が抜けちゃって」
中居
「そうなんだよ。俺たちは脱獄をしたかったわけじゃないんだよ。みんなで穴を掘りたかっただけなんだよ」
草g
「そうそうそう」
香取
「だったら、一生穴掘ってれば」
草g
「俺ね、それマジあるような気がする」
中居
「あるような気がする、な?」
草g
「な」
中居
「俺たち、この10年の間に結構穴掘るの得意になったよな」
草g
「俺、穴掘るの大好き」
香取
「木村くん、ダメだもうこの2人。行こう」
香取、トロッコに乗り込む。
木村
「悪いけど、俺は逃げるためにこの穴掘ったから。行くぞ」
木村、香取とトロッコで戻りかける。
中居
「ちょっと、待て、待てって!」
振り返る木村と香取。
中居
「俺たちは5人で1つなんだよ。逃げたあとどうすんだ。みんなバラバラじゃねえか。バラバラで生きていくことに何の意味があるんだよ。俺はそんな人生興味ないな。バラバラのSMAPに、何の興味も持てない。だから俺は、ここに残ることに決めた…以上」
木村
「なんだ、以上って」
中居、SMAPの『ベスト・フレンド』を口ずさむ。
香取
「ずるいよねえ、中居くんは」
木村
「意味わかんねえ。行くぞ」
香取
「木村くん」
木村
「ん?」
何かを決心したような香取。
木村
「お前、まさか…」
香取
「今の歌聞いたら行けないでしょ」
香取、立ち上がる。
木村
「ちょ、おま…」
中居
「あ、来月、囚人ライブ、所長さんから話もらってるんだけど」
草g
「いいねえ」
中居
「香取さ、演出と構成頼むな」
香取
「ライブってどこでやんの?」
中居
「なんか中庭に特設ステージ作ってくれるってさ」
香取・草g
「ふ〜ん」
草g
「木村くんは参加しない?」
木村
「…冗談だろ」
木村、シャベルでトロッコの線路を叩いて稲垣に合図を送り、トロッコに乗ってトンネルの先端部に戻る。
後ろから香取の暢気な声が聞こえる。
香取
「穴を掘る前にライブの話知りたかったよねえ」
木村
「バカの集まりか」

トンネル先端部(出口)

ロープでトロッコを引っ張る稲垣。
木村、到着する。
稲垣
「で、行くの?行かないの?」
木村
「脱獄は…中止だ」
稲垣
「マジで?ね、それっていつ決まったの?ね、ね、ね?」
木村
「今話し合って決めた」
稲垣
「なんでそんな大事な話のとき僕だけ呼んでくれないのかな」
木村
「そうなんだけど…逃げたいなら逃げてもいいよ」
稲垣
「僕だけで?」
木村
「誰も責めたりしないから」
稲垣
「ひとりで行くわけないでしょ…バカなこと言わないでよ」
木村
「いい声してんね…ちょっと話してくるわ」
木村、梯子で地上に登る。

地上。刑務所の外

地上
木村、穴から顔を出して『夜空ノムコウ』の口笛を吹く。
木村
「前田さん」
前田
「ここよ」
前田、大きな袋を引きずりながら草むらから出てくる。
前田
「遅かったじゃない。着替え持ってきたからね」
木村
「前田さんさ、悪いんだけど、脱獄…中止」
前田
「え!?」
木村
「うん、だから今度はさ、正門で待ってて」
前田
「…わかったわ」
木村
「うん…すげえ」
木村、星空を見てつぶやく。
前田
「年内に復活ライブやろうと思ってて武道館仮押さえしてたけど、そういうことなら仕方ないわね」
木村
「ライブなんかやったらその場で捕まるだろ」
前田
「一応、覆面ライブにしようと思ってたんだけど…そうよね、バレるに決まってるわよね」
木村、星空を見ながら深呼吸する。
木村
「じゃ、行くわ」
前田
「ひとつだけいい?」
木村
「は?」
前田
「その穴は塞いでおきなさい。人が落ちたら危ないから」
木村
「はいはい…あ、そうだ。あの、ほら、『え〜、すいません』て言う人、元気?」
木村、古畑のものまねをする。
前田
「ええ、あれから家族ぐるみのお付き合いをしてるわ」
木村
「か、家族?」
前田、左手薬指の指輪を指差しながらはにかむ。
木村
「嘘でしょ」
驚く木村。
前田、手を振りながら指輪を見せる。
木村
「コレと?」
木村、古畑のポーズをする。
前田、同じポーズで返す。
木村
「…じゃあ、よろしく言っといて…マジか」
木村、首をかしげながらトンネルの中に戻っていく。
前田
「世話の焼ける子供たちだわ」
前田、枯れ草で穴を隠すと、袋を引きずりながら去っていく。

COLUMN

  1. 本作のシチュエーションは、 ジョン・スタージェス監督の映画『大脱走』(1963)のイメージからの引用である。
  2. 冒頭、草gが一瞬セリフを忘れ、「中居くんが」の前に妙な間が空いた。
  3. 中居がSMAPの『ベスト・フレンド』を歌うのは、演出・三谷のアドリブである。
  4. 稲垣が「バカなこと言わないでよ」というセリフを“いい声”で言うのは、本特番で放送された、一般人の結婚式にSMAPが変装して参加するというサプライズコーナーで、ホテルのボーイに変装して料理を運んだ稲垣が“いい声”で「豚肉料理でございます」と言ったことのパロディを、三谷が急遽アドリブで演出したものである。

CAST

中居正広
中居正広役
木村拓哉
木村拓哉役
稲垣吾郎
稲垣吾郎役
草g剛
草g剛役
香取慎吾
香取慎吾役
戸田恵子
前田役