主旨

当ページでは、テレビドラマ『古畑任三郎』を「倒叙ミステリ」の形式をとった三谷作品という視点に立って解析を行っています。但し、古畑を実在の人物であるかのように扱うようなスタンスはとっていません。また、エピソードを時系列に並び替えたり、古畑が食べたものを列挙するといったこともしておりません。あくまで『古畑任三郎』は「テレビドラマ作品」として客観的に見る立場をとります。


『古畑任三郎』とは

『古畑任三郎』は「倒叙形式」のドラマです。これは通常の推理ドラマと異なり、初めに犯人・犯行の様子・犯人の行うトリックなどが描かれ、その後、刑事の側から捜査の進展や真相の看破に至る過程が描かれる形式のものです。視聴者には予め犯行過程が判っており、犯人側のどのようなミスから足がつくのか、または刑事がどのように犯人に墓穴を掘らせるのか、その論理とサスペンスが興味の対象になります。TV作品では『刑事コロンボ』シリーズが特に有名であり、『古畑任三郎』はまさに日本版「コロンボ」を目指した作品なのです。


『古畑任三郎』放映データ

『古畑任三郎』は、現在までに3期のシーズンと不定期のスペシャル版(総集編を含む)、そしてファイナル3部作が放映されました。それぞれのシーズンの放映データは以下の通りです。

  1. 第1シーズン『警部補 古畑任三郎』(1994年4月13日〜1994年6月29日、毎週水曜夜9時)
  2. 第2シーズン『古畑任三郎』(1996年1月10日〜1996年3月13日、毎週水曜夜9時)
  3. 第3シーズン『古畑任三郎』(1999年4月13日〜1999年6月22日、毎週火曜夜9時)

第1シーズンのみ『警部補 古畑任三郎』となっているのは、『古畑任三郎』というタイトルでは時代劇と勘違いされるのではないか、という制作側の配慮によりつけられたものです。なお、このタイトルは主にテレビ欄や広報媒体、商品名などで用いられましたが、本編では一貫して『古畑任三郎』のタイトルがクレジットされました。


テレビドラマ『古畑任三郎』の基本フォーマット

『古畑任三郎』のエピソードの構成は基本的に3つの部分に分かれます。

  1. 犯人の犯行と古畑の捜査を描く前半「事件篇」
  2. 場面が暗転、古畑が視聴者に向かって挑戦する「暗転部」
  3. 古畑が犯人のミスを指摘し(あるいは逆トリックにかけて)自白に追い込む後半「解決篇」

記述形式について

各エピソードのあらすじ・解説では、倒叙形式という作品の性格上、前半の「事件篇」で視聴者に開示されているトリックや伏線などについては記述しています。後半の「解決篇」については、核心となる部分については記述をさけるか、ぼかして記述していますが、作品の内容によって触れざるを得ない場合は、冒頭に“(注:以下はネタバレを含みます)”と、それを示す注をつけています。


分類

シーズン・スペシャルの分類は、新聞発表・公式HP・ビデオ/DVD情報の分類に準拠しています。